できるだけコストを抑えて、オフィスを確保する方法

スタートアップは、少人数ながらも会社。円滑に進めていくためには、メンバー全員が打ち合わせ、作業ができる空間は必要不可欠です。都市部で、オフィスを借りようとすると、なかなか最初は売上が出ないスタートアップには大きな痛手・・・。今回は、できるだけリーズナブルにオフィスを借りられる方法を紹介します。

スタートアップを始めるにあたって、『オフィスを探す』のは億拗な問題です。事業を開発するにあたって、やらなきゃいけないことが沢山あるのに、足を使って一件ずつ下見をしなくちゃいけないのは、早めに済ませておきたいものです。スタートアップを始める人は比較的、ネットワーキング力がある人が多い為、最初は知り合いのオフィスを間借りした!なんていうのもよくある例だと思いますが、今回はそれにあてはまらない起業家たちに参考してもらえればと思います。

お金がないのにも関わらず、なにかと初期費用がかかってしまうスタートアップ。そして、売り上げ0が続きます。となれば、コストを抑える以外に継続させる方法はありませんよね。
だいたい、スタートアップは月額10,000~程度のコワーキングスペースに入って始めるケースが多かったり、最近では道玄坂の#HIVE SHIBUYAが起業家支援を行なったり、永田町にあるYahoo!がLODGEを無料で開放しているため、『無料でゲットする』という選択肢も出てきました。とはいえ、フリーアドレスとなってくると、時間によって混雑していたり、集中できない、いろいろと置けないなど不便な点もでてくるものです。
では、さっそくスタートアップができるだけ安く賃料を抑えて、都内のオフィスに入居する方法を共有していきます。

まずは、既存のオフィスレンタルができそうなサイトにひたすら見学申し込みを送っていきましょう。単純に、Googleで「オフィス レンタル」と打っても出てこないようなお得な賃料が並んでいるサイトだけに絞って、紹介していきたいと思います。


詳しくはこちら

個人によるやり取りで安く借りられる「ジモティー」

地元に根ざした無料の掲示板「ジモティー」は、多数のレンタルオフィスが掲載されています。カテゴリー的には、[不動産]→ [レンタルオフィス]で一覧が表示される仕組みです。海外でいう『CraigList』みたいなイメージですが、日本は比較的安全な国なので、安心して知らない人とのやり取りもできます。

こちらから、興味のある物件を幾つかピックアップして連絡をしていきましょう。間に仲介が入るということもないので、オフィスのオーナーと原価でやり取りができるようになっています。相場はだいたい20,000円ですが、これを下回るようなお宝案件も!

「ルームシェアルームメイト」では値切りも!?

ルームシェアといえば、一緒に暮らすイメージが強いですが、働く場所(ルーム)を共有するのも広い意味ではルームシェア。老舗サイト「ルームシェアルームメイト」では、ルームシェアの部屋に限らず、多彩な部屋貸しを提供しています。

カテゴリー的には[オフィススペースを貸したい]から見ていくことができます。会社が掲載していることもありますが、殆どが昔からこのサイトを使っている個人であることも多いため、原価で問い合わせすることができます。また、下見時に値切り交渉することもできます。

ちなみに、ジモティーに掲載している人と、ルームシェアルームメイトに掲載している人は同様であるケースもあります。一緒の人に送ってしまわないように気をつけましょう!相場もジモティーとだいたい同じで、掘り出し案件があるので見ておいて損はないでしょう。

スタートアップによるオフィス貸し借りサービス「オフィスファインド」

最近できたばかりのオフィス版Airbnb。まだリリースしたばかりということもあって、ラインナップはそこまで多いというわけではありますが、仲介手数料を取るようなマネタイズも行っていないみたいです。

デスクだけでなく、コワーキングスペースの案件も一緒に掲載されているので、条件をきちんと読んで問い合わせをした方が良さそうです。相場は20,000円以上から40,000円となっています。
海外でもスタートアップがこの領域に挑戦するようなケースは多いみたいで、PivotDeskやWeWorkなどがあります。日本にもWeWorkのような会員制のオフィススペースがあったりするといいんですけどね!

ベンチャー企業に凸アポする!

ベンチャー企業の中には、スペースが余っているオフィスというのもあるみたいです!その空きスペース¥いくらかで貸し出してもらえないかと提案してみましょう。突然、メールしてもどうせ返事が返ってこないもの…と思いがちですが、確かにほとんどは返事がこないでしょう。しかし、送り続ければ、話は別です!

こうしたベンチャー企業の中に入って、仕事するのは、デスクを持って安定した仕事をすることができるだけでなく、周りの社員さんとコミュニケーションしながら、場合によっては一緒にビジネスをするような機会を掴むことができる可能性もあるのです!
普通にスタートアップがオフィスを借りようと思っても、選択肢はそこまで多くはないのかもしれません。

売上が安定しない以上は、なんとしてもコストを抑える必要があります。
果たして、オフィスを固定で借りることもメリットばかりではありません。スタートアップというアイデアや、他の人とのコミュニケーションが必要な最初のフェーズで閉ざされた空間に入ってしまうのは機会を失ってしまう可能性もあります。まだ、フリーアドレスでもなんとかなるうちにコワーキングスペースで様々な関係を持っておくということも重要な仕事です。

自分たちのフェーズや、やり方に沿って、的確なオフィス選びをしましょう。