起業のススメ。Airbnb、Dropboxを見出したポールグラハムの引用7選

ポールグラハムを知っていますか?シリコンバレーを拠点とするスタートアップ養成施設YCombinatorの共同創業者で、数々の有名スタートアップを育て上げてきた起業家たちのメシアのような存在です。今回は、ポールグラハムのエッセイからとりわけ有名なものをピックアップしました。

スタートアップ界隈では知らない人はいないであろう、ポールグラハム。世界最大の民泊プラットフォームAirbnb、ファイル共有サービスDropboxをはじめ、数々の有名スタートアップを無名時期に見出し、投資をしたYCombinatorの共同創業者です。
YCombinatorは、ITのスタートアップたちが集積するシリコンバレーを拠点に2005年にはじまった「スタートアップのための養成施設」を運営している世界屈指の企業です。具体的には、年に2回名もなきスタートアップたちを集めて3ヶ月間の「学期」と呼ばれる養成期間を設けます。そこで、サービスをどのように進めていくべきか、今やるべきことは何であるか、直々に指導を受けることができるのです。また、卒業したスタートアップたちとのコネクションを使うことができるのも特徴となっています。

スタートアップ養成の期間だけでなく、「Hacker News」や「Startup School」と世界に向けてスタートアップたちのための情報提供をしています。


詳しくはこちら

また、ポールグラハムのエッセイが起業家たちに大変好評となっており、愛読している人が非常に多いです。今回は、ポールグラハムのエッセイの中でもとりわけ有名だなと思うものをSpace Hacker Blog編集部が独断と偏見で選んだものを紹介していきたいと思います。

しなやかで、したたかであれ(Be relentlessly resourceful)

You can even use it tactically. If I were running a startup, this would be the phrase I’d tape to the mirror. “Make something people want” is the destination, but “Be relentlessly resourceful” is how you get there.

(出典): Relentlessly Resourceful

起業家は何たるべきであるかを示してくれと頼まれたポールグラハムは考えた挙句、「Relentlessly Resourceful」の二語であると答えたといいます。これは、粘り強く問題に執着し、また常に機転を利かしながら物事を判断し行動していく意味になります。エッセイ中に登場するアーティストは自分の内部の問題と向き合うため問題への執拗さや好奇心が求められ、大企業で出世するためにもRelentlessly Resourcefulである必要はないと説いています。起業家だけに必要とされるのが、このしなやかで、したたかである特性なのです。また、これは育むことができる特性と書いています。

Schlep Blindness(面倒な仕事)

The trick I recommend is to take yourself out of the picture. Instead of asking “what problem should I solve?” ask “what problem do I wish someone else would solve for me?” If someone who had to process payments before Stripe had tried asking that, Stripe would have been one of the first things they wished for.

(出典): Schlep Bindness

スタートアップのアイデアは「誰もやりたがらない」が上手くいきます。成功したスタートアップStripeを例に挙げて、誰もがネット決済ができるサービスを欲しがっていたが一つ一つの金融機関と交渉していくことに途方もなさ、面倒さを感じて意識的に、無意識的にそれを無視していました。しかし、こうした誰もやりたがらないことこそ、需要があるためチャンスであるというものです。

Ramen Profitable(ラーメン代稼ぎ)

The most obvious advantage of not needing to raise money is that you can get better terms. If investors know you need money, they’re sometimes tempted to take advantage of you. Some may even deliberately stall, because they know that as you run out of money you’ll become increasingly pliable.

(出典): Ramen Profitable

ラーメン代稼ぎとは、本業で起業家がギリギリ生きていける利益はあげるまで持ち堪えようという教訓です。ITといえばアイデアを見つけて成長させるためにすぐに資金調達をしていくイメージがありますが、そうではなくまず自分たちで生活費が稼げるまでは頑張ろうという話。そうすれば投資家とも対等な立場を築けるし、また資金調達しやすくなると言われています。

Do Things that Don’t Scale(スケールしないことをしよう)

And most importantly, if you have to work hard to delight users when you only have a handful of them, you’ll keep doing it when you have a lot.
(出典): Do Things that Don’t Scale

成功したスタートアップの特徴として創業期に「スケールしないこと」に時間を費やしていたといいます。ITというとすぐにWeb最適化や広告を使って派手に成長させていくイメージもあるかもしれませんが、Stripeは「β版を試していただけないか?」という質問に対して、ほとんどのスタートアップがリンクを送って終わりだったところを「では、ノートパソコンを貸してください。」とセットアップに取り掛かったといいます。Airbnbも毎日、ホストの家に行きリスティングの手伝いをしていました。

How Not to Die(死なないために)

When the disaster strikes, just say to yourself, ok, this was what Paul was talking about. What did he say to do? Oh, yeah. Don’t give up.
(出典): How Not to Die

スタートアップの死因は「自殺」がほとんどです。公式の理由は資金切れか、主要な創業者が抜けたためとされますが、まずモチベーションが失われたから死んだのです。スタートアップがキーを売っている最中に死ぬことはないので、とにかくしがみ付く。決して諦めなければ、成功するという強いメッセージが込められています。

ポールグラハムのエッセイを読もう

スタートアップを始める前、始めてすぐ、始めて躓いたときーーー。
どの場面でもポールグラハムのエッセイが正しい方向へ背中を押してくれるでしょう。スタートアップはギャンブルで、リスクの高いイメージもありますが正しく、かつ最後まで諦めずにやり続ければきっと成功が待っているものなのでしょう。