「Before the Startup(起業の前に)」講演の書き起こし

DropboxやAirbnbなど世界で活躍するスタートアップを輩出しつづけているYCombinatorのポールグレアム。今回は、そんなポールグレアムが起業を志す学生たちに対して、「Before the Startup(起業を始める前に)」と題して講演を行ったものの一部を抜粋して紹介していきたいと思います。

長い自己紹介はダメだからね。
その辺はSamがよくわかってる。
じゃあそろそろ始めるよ?
マイクのテストはしないよ。聞こえること前提で始めるからね。
え、聞こえない?

ファック!

誰か直してくださーい。
あ、なんだ聞こえるの?
なんか、この一連の流れがパターンになってるね。
まあいいや。
このレクチャーは文章にしてあって、エッセイの形式で近いうちにアップするよ。だから、ノート取ったりしないでいいからね。聞くことに集中してね!

さて。
子どもがいるっていいことでね。誰かにアドバイスするってときに、自分の子どもにアドバイスするとしたら何て言うだろうかって考えるんだよ。
これが結構効果的でね。
ぼくの子どもはまだちっちゃいんだけどね。2歳の子の方に2歳の次は何歳になるか聞いたんだけど、バットになるって言ってたよ。
もちろん3歳が正解だけど、バットの方が面白い答えだよね。
まだそんな子どもなんだけど、大学生になったらスタートアップのことを教えようと思ってるんだ。今から話すことは、そのとき子どもに話そうと思うことだからね。まあみんなぼくの子どもであってもおかしくないくらいの年齢だしね。

スタートアップは非直感的なものなんだ。何でか知らないけどね、多分、スタートアップについての知識が社会に浸透してないからだと思うんだ。
まあ、理由は何にせよ、スタートアップは直感を信じていればいいってものではないんだ。
スキーみたいなもんだよ。
この中で大人になってからスキーを始めた人いる?
スキーでスローダウンしようとするでしょ?初心者だと、後ろに重心を持っていけば、ブレーキがかかるって思うじゃない?でも、実際スキーで後ろに重心をもってくと、すごいスピードで滑っちゃって、全く逆効果なんだってわかるんだよね。

スキーがうまくなるってことは、そういう間違った直感を取り除いていくことなんだよね。
で、そのうち正しいスキーの直感が身についていくんだよ。
でも、最初のうちは、間違った直感にだまされないように、それを意識しながら滑るよね。
足を交互に前に出すとか、S字ターンするとか、足の間にストックを持ってかないとかね。
スタートアップも好きーみたいいに不自然なことがいいっっぱいあるんだよ。で、今日話すことは、そのリストの最初の部分ね。非直感的なことのリストね。これを忘れると、間違った直感に惑わされて、スタートアップが変な方向に行っちゃうからね。

そのリストの一番最初にあるのは、スタートアップはほんと変なもので、間違った直感を信じて進むと変な方向に進んじゃうってこと。
とりあえず、それだけ覚えていれば、もし何かミスをしでかしそうなときに、あれ、ほんとにこれでいいのかなって立ち止まって考えられるから。

Y Combinatorをやってたときは、よくY Combinatorのパートナーの間で笑い話になってたことがあってね。Y Combinatorがやってるのは起業家が無視するアドバイスをすることだってね。毎回毎回のことなんだけど、YCのパートナーが起業家に、それやったら失敗するよってアドバイスするんだけど、結局無視するんだよね。で1年後になって、アドバイスをちゃんと聞いていればよかったですって言うんだよ。
でも、もうCap Tableは決まっちゃっててもう手遅れなんだ。
なんで、起業家はパートナーのアドバイスを無視するのか考えたんだけどね。
それは非直感的なことだからんだよ。起業家の直感に反するから、間違ってるように感じるんだよね。
だから無意識のうちに無視しようとする。

でもそれは、Y Combinatorの問題っていうよりも、Y Combinatorの存在意義そのものなんだ。
だって、当たり前のアドバイスばっかりだったら別にそんなの要らないじゃん?
もし、起業家が正しい直感を元々持っているんだったら、YCombinator要らないじゃん?
スキーのインストラクターはいるけど、ランニングのインストラクターはあんまりいないのはそういう理由だと思うんだ。

ランニングインストラクターなんて言葉、聞かないでしょ?スキーインストラクターは聞くけど。
それがなんでかっていうとスキーが非直感的だからだよ。
YCはね、スキーインストラクターのビジネス版みたいなもんだよ。スキーと違う所は、斜面を下に下っていくんじゃなくて、上に登ってところだね。

でもね、人についての直感は信じていいんだよ。
いままで普通に暮らしてきた環境はスタートアップとは全然違うと思うけど、人とどう接するかは同じだよ。
起業家が失敗して痛い目を見るのは、人についての直感を信じないってことなんだ。すごそうな人にあって、でも、どっか変だなって思うことってあるでしょ。で、後になって失敗してから、思うんだよ。すごい人に見えたけど、でもどこか変だったなって。

特にみんなみたいに、理系だとなおさらね。
ビジネスって、どこか汚らわしいものだって思ってるでしょ。賢そうだけど、なんか、いけすかない人に会ったとき、まあこれがビジネスの常識かと思って流しちゃうと思うんだよね。
でも、そうじゃないから。単純に友達を選ぶように、人を選んでいいんだよ。
自分を甘やかしていいことってあまりないんだけど、人を選ぶときは、自分が好きな人を選ぶんでいいんだよ。付き合いが長くて、ほんとに尊敬できる好きな人と一緒に仕事のが一番だよ。なんでかって、最初だけいい人のフリをするのがうまい人っていっぱいいるからね。
意見が衝突したときに、どうなるかっていうのがその人の本性がわかるからね。