希少!DropboxドリューヒューストンのYCombinatorエントリーシートを大公開!

ファイル共有サービス「Dropbox(ドロップボックス)」は、2007年に当時MITの在学生だったドリューヒューストンが始めたスタートアップでした。近年、最も成功したIT企業の一つとなります。Dropboxはもともと、Y Combinatorというサンフランシスコの著名アクセラレーター卒業生。今回は、当時提出されたエントリーシートを覗いていきたいと思います。

YC応募時、ドリューヒューストンには共同創業者がいませんでした。ファイル共有サービスはありふれており、周りのエンジニアを誘ってもアイデアはなかなか賛同されなかったそうです。しかし、彼は諦めずにDropboxを作ることに夢中になりました。

資金面に苦労し始めたドリューヒューストンは、知り合いの界隈でYCを通過し、資金調達に成功したことを知ります。「これならば、自分もできるのでは…。」と、YCに応募したエントリーシートが下記となります。

Dropboxが2007年応募したYCのエントリーシート

ユーザー名

dhouston

会社名

Dropbox

会社URL

http://www.getdropbox.com/

電話番号

創業メンバー全員のユーザー名を教えてください。

dhouston

我々が資金調達をする際に、バッチ期間中にボストンへ滞在する創業メンバー全員のユーザー名を教えてください。

dhouston

あなたの会社は何を作るつもりですか?

Dropboxは個人もしくはチームのファイルを同期させます。作業中のウインドウをドラッグしすれば自動で同期される、アップロードやメールよりもはるかに優れたツールを提供しています。Web上でのインターフェースも展開しており、同期されたファイルはAmazon s3に安全にバックアップされる仕様となっています。Dropboxは、subversion、trac、そしてrsyncのメリットのみを切り取り、個人やチームがちょうど良い感じに使える製品です。ハッカーはこれらのツールを使うこともありますが、一般的な人がこれを使うことは殆どありません。

まだまだ面白い可能性をたくさん機能化していくつもりです。Google Docs / Spreadsheet(その他Webアプリケーションなど)をローカルの.docや.xlsファイルに同期してオフラインでアクセス可能とすることは、オフラインで生じる問題を解決するひとつになるでしょう。

創業者のそれぞれ経歴を教えてください。ユーザー名、年齢、学校、学位、および専攻、電子メールアドレス、個人のURL、役職など…

dhouston / ドリューヒューストン / 24歳 / 2006年にMIT卒業(SBサイエンス) / プロジェクトリーダー、ソフトウェアエンジニア

Dropboxに関わってくれている人はいるのですが、実際のところ、私一人が創業者です。スタンフォード大学の卒業生で、〇〇の創業者でもある優秀なハッカーである友人はMacポートを組み立ててくれてはいますが、共同創業者としては参加できません。ルームメイトであり、MITからの友人も助けてはくれますが、不定期でしか私を手伝うことはできません。

私は積極的にネットワーキングに参加しており、いつも優秀なハッカーや営業能力の高い繋がりを広げることを意識しています。ソロファウンダーは悪いことではありません、むしろ他の優秀な人たちと働けるチャンスが多分にあると考えています。

創業者として、あなたが他の創業者よりも優れていると言えることを1,2文で教えてください。

drew – 5歳からプログラミングをしています。14歳でスタートアップを始めました。SATは1600のスコアです。大学時代に有益なオンラインSAT学習サイトをスタートしました。また趣味の一環で、昨年の夏に多くのポーカーサイトでソフトウェアを反転させて、リアルマネーポーカーボットというソフトウェアを書きました。

サービスの新しさを教えてください。

小さなチームや組織に使い勝手がいいと考えています。
(1) チームメンバーはどこにいても、大切なファイルを共有(アクセス)することができます。
(2) 誰でも最新バージョンのドキュメントを作成することができます。
(3) チームが共有したファイルを保護することができます。同期ツールやバックアップツールはありますが、最も最適なものはまだありません。

Dropboxはこれらのニーズを全て満たし、簡単に設定することができます。


詳しくはこちら