スタバだけじゃない!ノマドで使えるチェーン店カフェをどこよりも分かりやすく紹介します。

スタバ、ドトール、ルノアール・・・。ちょっとした作業や打ち合わせをするノマドワーカーなら知っておきたいチェーン店カフェの情報をまとめてみました。あなたはどのチェーン店カフェを一番利用していますか?

チェーン店カフェをノマド利用するメリット・デメリット

ノマドワーカーならぬ、スタバワーカーな方はきっといるはずです。いろんなところで働いてみたいという願望はあるものの、ついチェーン店に入って開拓をせず、「スタバ〇〇店ワーカー」になってしまっているフリーランサーも少なくないのではないでしょうか。
実際にチェーン店カフェをノマド利用するメリットと、デメリットをそれぞれ分けて考えてみました。

メリット① 「どこにでもある」

チェーン店カフェは地方だけでなく、どこでもあります。スタバにいたっては世界中どこでも見かけることができるので、ついつい入ってしまいます。個人店舗に比べると絶対数が多いので、チェーン店カフェを利用する確率が高くなります。

メリット②「ハズレがない」

不味いコーヒーや、美味しくない料理と出会う確率が低くなります。スターバックスラテはどこのスタバでも同じモノが用意されます。オーダーだけでなく、電源&WiFiなど設備面での安心もグローバルスタンダードが適用されるので便利です。

メリット③「特典が使える」

チェーン店内で使える特典があります。例えば、スターバックスはワンモアコーヒーで指定のコーヒーに限り、2杯目がお得に注文することができたりします。その他、Tポイントが高まったり、アプリをダウンロードして安くなることもあります。

デメリット①「混雑しやすい」

チェーン店カフェはファンが多く、立地も良いところにあることが多いのでどのカフェも混雑しやすいです。スタバなどはテイクアウトでも長蛇の列を並べていることが多いですよね。時間帯によっては知り合いと約束をしていてもテーブルが取れないようなこともよくあることです。

デメリット②「飽きてしまう」

毎回、同じコーヒーや雰囲気のカフェばかりでは飽きてしまうこともあります。毎回同じコーヒーの写真ばかりをアップしていてもインスタ映えもしませんよね。同じ場所ばかりでは飽きてしまうというのは一つあるのではないでしょうか。


詳しくはこちら

チェーン店カフェの比較

チェーン店のなかでもとりわけ数が多く、ノマドで利用されている人をよく見かけるカフェを幾つかピックアップしてまとめてみました。

スターバックス

正式名称 STARBUCKS COFFEE(スターバックスコーヒー)
国内店舗数 1332店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ○(at_STARBUCKS_Wi2)
ノマドチェック 非常に混雑しやすいですが、コーヒーも店舗の雰囲気も折紙付です。ほぼ全店舗に電源&WiFiも完備されているためノマドワーカーが「困ったら」一番に頼れる存在です。コストパフォーマンスもよく、タンブラーを使うコアなファンもいます。

ドトール

正式名称 DOUTOR COFFEE SHOP(ドトールコーヒーショップ)
国内店舗数 1201店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ×
ノマドチェック スタバについで国内の店舗数が多いドトールコーヒー。スタバよりも混雑しにくい分、カジュアルな打ち合わせには向いているかもしれません。Wi-Fiがないというのは大きな打撃ですね。ある意味、これが他カフェとの利用シーン差別化かもしれませんが、ノマドワーカーには痛いです。

コメダ珈琲店

正式名称 コメダ珈琲店
国内店舗数 770店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ○(Komeda_WiFi)
ノマドチェック 朝食メニューが充実しているので朝からノマドする時にコメダ珈琲店は便利です。電源・Wi-Fiがあるので、作業もゆっくり進めていくことができます。また、席が木でできているので長時間座っていると痛くなるという長時間対策も施されています。

タリーズ

正式名称 TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)
国内店舗数 698店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ○(tullys_Wi-Fi)
ノマドチェック スタバに劣らず電源&Wi-Fiが高確率で完備しているノマドワーカーの味方であるタリーズコーヒー。コーヒーは320円からで、ご飯も充実しています。電源席は窓側にあることが多くて、タリーズを通るとタリーズワーカーがたくさんノマドしていますね。

エクセルシオール

正式名称 EXCELSIOR CAFFÉ(エクセルシールカフェ)
国内店舗数 136店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ×
ノマドチェック エクセルシオールカフェは他のチェーン店カフェと比較して、混雑していない傾向にあります。気軽に入って長居ができるので、重宝しているノマドワーカーも少なくありません。無料Wi-Fiがないため、モバイルルーターが必須となります。

ルノアール

正式名称 銀座ルノアール
国内店舗数 108店舗
電源コンセント ○(店舗によって異なる)
無料Wi-Fi ×
ノマドチェック ノマドワーカーにコアなファンが多いルノアール。コーヒー一杯の値段が高めで、かつ落ち着いた雰囲気である店舗が多いため集中して作業に取り組めることができるそうです。Wi-Fiはないので、モバイルルーターが必須となります。その他系列店(ミヤマ珈琲など)も加えて人気がありますね。

いかがでしたでしょうか。身近で意外なカフェが電源やWi-Fiを完備していたなんていう発見もあったのではないでしょうか。ぜひ、なにか困った時のノマドライフに参考にしてみてください。


詳しくはこちら