【ノマドログ】Yelper主催の「日本橋クルーズ」へ行ってきました

ノマドログでは、Space Hackerを開発・運営しているメンバーによる日々のノマド日記を展開していきます。別記事とはことなり、ゆるりと連載していくのでお手柔らかにお願いします。

2017年夏、おそらく最初で最後になるであろうアウトドアは「日本橋クルーズ」!!!
とくに「前々から行きたかった!」、「気になっていた!」ということは全くなくて、最近ヘビーユーザー化しているYelpのイベントでやるということだったので、『Yelpのオフ会ってどんな感じなんだろ??』という興味本位でトライしてきました。

ーーーーー
Yelp(イェルプ)とは…世界最大のローカルコミュニティ。日本だと「食べログ」や「Retty」のグルメサービスがあるが、レストランだけでなくローカルサービス全域を網羅しているのが特徴です。

13年前にアメリカで誕生し、2013年時点で一ヶ月あたり1億人以上のユニークビジター!(Wiki情報)を抱えており、世界31カ国に進出している巨大サイトへ。基本的な使い方はローカルスポットにチェックインしたり、レビューを書いたり、写真をアップロードしたり。

ちなみにサービス名のYelpはYellow Page(アメリカのタウンページみたいなもの)を略したものと、創業者のジェレミー氏がQuoraで正式回答していました。
ーーーーー

実は、サンフランシスコに滞在しているときにYelp本社へ入ったことが数回。
一回は、担当していたメディアの取材。もう数回はイベントでタダ飯を食べに、ネットワーキングをしに行きましたね。


<記事:【オフィス探訪】アメリカ屈指のクチコミサイト「Yelp」のオフィスはオシャレだった!

それでは、さっそく「日本橋クルーズ」のレポートを写真メインでお送りしていきたいと思います!!
まず、三越前駅もしくは、日本橋駅が最寄りとなる「日本橋船着場」へ向かいました。乗船が14:30の予定だったので、参加者は15分前に集合。企画された方々は、人数分のチケットを確保するために30分以上前には着いていたみたいです。(ありがとうございます!)

結局、今回は7人での参加だったのですが、「今回初めまして」なのは私オンリー。
Yelpが日本に上陸した3年以上ずっとサービスをを使い続けているような方ばかりでした。自己紹介は自分のためにやっていただき、皆さん仲が良さそうでした。
といって、「初めてだから入りづらい。。」という雰囲気もなく、ウェルカムにいれてもらいました。

Read Shun Y.‘s review of 日本橋クルーズ on Yelp

クルージングが終わったら、メンバー全員で「ZEN茶’fe」へ行きました。
三越前駅から徒歩1分!にある日本伝統文化を重んじるカフェになります。

ーーーーー
ZEN茶’feとは…日本の伝統文化である『茶』をスタイリッシュかつ、気軽に楽しんでいただきたいというオーナーの想いからはじまりました。

海外にあるお茶カフェの逆輸入といったイメージ。
お茶は、南部鉄釜で沸かした釜湯を使用しています。鉄釜で沸かした湯は鉄分やミネラルが多く含まれまろやかな味わいとなっています。
お店で出される料理の調理には備長炭のグリルを使用しています。
電源、WiFiもフル完備です。
ーーーーー

せっかくなので、Yelpについて日本を代表する(?)Yelperの方々にいろいろと質問してみました。そこで分かったことを幾つかまとめていきたいと思います。

1. Yelpを使っているユーザーはさまざま

「食べログ」や「Retty」を使っている人たちは決まってグルメです。料理の写真を撮るのが好きで、ブログにもがっつりお店の紹介をしています。それに比べて、Yelpはグルメに特化しているわけではないので、必ずしもグルメな方だけではありません。さまざまな方が参加しています。
ただ、共通点としてYelpは「コミュニティ性」が強いので、誰もが助け合いやボランタリー精神を持っている方が多いのかなと思いました。

2. イベントは定期的に開催中

聞いてみると、今回のような普段Yelpをしている方々が集まるイベントは大きなやつが1ヶ月もしくは1ヶ月半に一回のペースで開催されているみたいです。私は今回、レビューのやり方や写真の撮影方法などさまざまなスキルを教わりました。こうした機会って、サービス使っている側としては嬉しいですよね。

Yelpいいですね。

まだ日本にはYelperは少ないので、いま始めてみると、けっこう早い段階でトップユーザーになれるかもしれませんよ!